アライのヘルメットのコーナー

b1.jpg

心まで豊かにするかぶり心地

アライのヘルメットのひとつの特長である「優れたフィット感」

この定評あるフィット感をさらに向上させて生まれたのがTRシステム内装です。

長い時間走り込んでいても、いつも豊かな気分でいられるかぶり心地を目指し開発されたTRシステム内装は、ヘルメットとの一体感を失うことなく、まるで人の手に包み込まれているような心地よいフィット感で、走りに安心感をもプラスします。

ショウエイのヘルメットのコーナー

sho1.jpg

卓越した安全性

ヘルメットに求められる性能で第一にあげられるのが、「安全性」であることは言うまでもありません。

ショウエイでは、「安全性」は万が一のアクシデントに備えるための性能「Passive Safety」と、万が一を起こさないための性能「Active Safety」。この2つのSAFETYにより築かれていると考えています。

いざというときライダーの頭をより効果的に守るための性能はもちろんのこと、ライディングへのコンセントレーションを維持し、安全なライディングをもたらすためにショウエイのヘルメットはどうあるべきか。そこにショウエイの製品全てに込められたSAFETY CONCEPT があります。

シンプソン社のヘルメットのコーナー

sh1.jpg

安全と上質なスタイル

シンプソンのジェットヘルメットは、ビッグアメリカンのオーナーをはじめ、トラッカー系のストリートライダーまでこだわりのヘルメットです。

皮革製のゴーグル用バンドなど細部まで気を抜かない、街中にあふれるジェットヘルメットとは一線を画す風格が感じられます。

小排気量のダートトラッカーからビッグアメリカンまで対応するシンプソンのヘルメットは安全と上質なスタイルを提供します。

MOMOデザインのヘルメットのコーナー

mh1.jpg

完成されたデザイン

ヘルメット本来のかっこよさを具現化した、MOMOデザインのヘルメットは。サングラス着用時のデザインバランスを計算した特徴的なシールド形状、ディテールにこだわったパーツ造形にデザイン力の奥行きを感じます。

どの色の服やバイクにも合わせやすいブラック。男女問わずに人気のマットクリーム。通勤にバイクを使っている方におすすめのシルバー。シルバーのロゴも落ち着きがあってGOODなガンメタリック。こだわり派のマットブルーなどカラーバリエーションも豊富です。

SHOEIのヘルメットのコーナー

shoei22.jpg

先進のテクノロジー

SHOEIのヘルメットは先進のテクノロジーと共に、きめ細かなハンドメイドによって出来上がっています。

「ヘルメットは暑いもの」と言う既成概念を覆したshoeiのベンチレーション開発や、「安全だから重くても」と言う妥協を改革した軽量化技術など、熟練した技術と完璧な作業を追求するshoeiのクラフトマンシップと言えます。

Araiのヘルメットのコーナー

ah22.jpg

さらりとした肌ざわりの冷・乾内装

Araiのヘルメットのひとつの特徴である天然素材のように水分を吸収する親水基をもつ“冷・乾”内装は、ひんやり気持ち良く、さらりとしてべたつきません。

arai伝統の包み込むフィット感により、ヘルメットをかぶるとさらに軽く感じます。

また、汚れが落ちやすく、メンテナンスもラクラクな先進素材を採用しています。

buco(ブコ)のヘルメットのコーナー

buco1.gif

ストリートでは定番の大人気モデル

buco(ブコ)とは70年代のアメリカのメーカーでトイズマッコイにより復刻生産されました。

「ジェッペル(ジェットヘルメット)といえばブコ!」というほど、buco(ブコ) のヘルメットは、ブームの中で最も注目されているブランドです。

ogkのヘルメットのコーナー

ogk1.jpg

安全性能プラス快適性の両立

ヘルメットといえば、「安全性能」が第一前提にあげられますが、ヘルメットをそれぞれの国々で販売するとき、その国ごとの安全基準をクリアすることが条件となります。

ogkヘルメットはそれぞれの適合基準や各国のニーズに合わせ、様々な試験や実験を繰り返し行い、より良い製品作りを目指しています。

またogkは、実際にレースでお使いになっているユーザーの皆様からの、ご意見や実体験をもとに、ヘルメットの研究・開発を行っています。

「フィードパックこそがヘルメットの頂点を極める」これこそがogkのスピリットなのです。